【ドイツ】08年推しに会いに行った話☆1 夢中になると突き進む私の性格…



08年6月、アシアナ航空でドイツに行きました。

当時大好きになったバンド Jethro Tull を追いかけてライブを観にベルリン、ハンブルクの会場まで行きました。

Jethro Tull Royal Albert Hall 1969 Part. 1

80年代後半に高校時代を過ごした人達は結構洋楽が普通に身近にあり、わたしもそれなりに洋楽を好きになり聴きました。

高校時代は丸ごとビートルズに「ど」ハマっていました。

中3の年の大晦日にたまたまチャンネルを合わせたビートルズの特集番組を観てしまったのです。演奏するビートルズを前に火がついたように悲鳴を上げ騒ぐビートルマニアの女の子達を見て、なんてすごい人達なんだ、と頭から離れずその日から毎日がビートルズ一色になりました🎸(そのお正月にいただいたお年玉も全てグッズに回りました 笑)

ただ時代は80年代、高校に行ってもほとんど誰も10年以上前に解散したビートルズを知らなかった 笑

でも英語の授業ではビートルズ好きな先生が何かとビートルズの歌詞や話の問題を私に振ってくれます。ビートルズの話題になると同級生も私の顔を見ます🙂

そんな中、ジョンレノンの息子、ジュリアンレノンがデビューし、来日するという情報が。 行くしかない。

コンサート当日、英語の先生にチェックしてもらった手紙を持って裏口で入り待ちします。

もうすでに彼らは入ってしまっていて、時間が経ちリハーサルの音が聞こえてきたので待っていた他のファン達も諦めて帰って私ひとりだけそこにいました。

そんな時に数人で散歩していたらしいジュリアンに遭遇しました‼️

ファンはわたし1人。手紙を渡して写真を一緒に撮ってもらいました(その時頬にキスしてくれました)夢のような話です。

と、これが初めてのわたしの貴重な体験でした。

その後、ポールのライブ、リンゴのライブを何度か観ました。ジョンはもうすでに他界していてジョージは最後のライブを見逃してしまいました。後悔しかないです。

その後オノヨーコ、ショーンのライブにも行けました。ビートルズは一生共にする存在です。



次にどハマりしたのはJethro Tull(ジェスロタル )というバンドでした。

代表曲Boureeを演奏した映像がたまたまわたしの録画した番組の中に入っていて観たのがきっかけでした。

独特のポーズでフルートを演奏するイアンアンダーソンがヴォーカル、60年代末にデビューしたイギリスのバンドで日本ではあまり馴染みがないですが欧米では今でもファンの多いアーティストです。

その日から毎日動画を観る生活に…。

08年、彼らを観るためにドイツに行きました🇩🇪どうしてドイツかと言うと、

  • あまり日本に来ない
  • どうしても観ておきたい
  • メンバーが高齢で活動期間が限られている
  • イギリスに行くつもりだったがスケジュールの都合でドイツになった

という理由からでした。わたしの親世代のメンバーでソロ活動もあるので、グループで観られるチャンスは少ないと思いました。

ただお金や期間に制約があり、当初の計画よりかなり省略された旅行になりました。

ドイツは初めてで、飛行機とホテルだけ予約して行きました。当時ホテルも結構高かったので予算が無くユースホステルに泊まりました。

ノイシュバンシュタイン城なども回りたかったのですがお金がかかりすぎるのでベルリン、ハンブルクと地図の上の方だけとなりました。

飛行機も行ってみたいドバイ経由のエミレーツで行きたかったですがかなり高いのでソウル経由でアシアナ航空になりました。エミレーツと4〜5万違ったと思います。

前置きが長くなりましたがセントレアからソウル経由でフランクフルトまで行きます。

続く

近況報告
スポンサーリンク
tenui2929

「縫い」が好きでこれが仕事になりました。
ウエディングドレス、レースクイーン(pit girl) 、
CM、アイドルなどの衣装を縫っています。

小さい頃から「手縫い」が大好きでぬいぐるみをたくさん作っていた「tenui」です。

レトロなぬいぐるみキットコレクションを少しずつ手縫いしています。
最近は大好きなStray KidsのメンバーHyunjinくんの衣装を1/2サイズで再現する楽しみも増えました。
もうひとつの大好きは海外の旅。

お仕事と旅と、
簡単にできる洋服の直し方も紹介していきます。

follow me !
tenui

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました